自己評価

2016年度草津カトリック幼稚園自己評価

2017 年 5 月 30 日 火曜日

2016年度草津カトリック幼稚園自己評価

1.幼稚園の教育目標
 カトリック教育・モンテッソーリ教育・縦割り保育を基本とする保育の充実。
 子どもの環境(人的環境と物的環境)の充実をめざす。
 子どもの「選び」の質について考え職員間で子どもの見方、援助の仕方の共通理解に努める。

2.具体的な計画
教育内容に関して
・園内、園外の研修にも積極的に参加し、職員間の共通理解を深め、保育の充実を目指す。

施設関係整備に関して
・老朽化している部分の改修を行い安全かつ有効に利用し、子どもたちが過ごしやすく、また、職員の仕事の能率の向上を目指す。
*ホール物置、教材、物品の整理。
*トイレ床改修、温便座の設置
*通園バス購入。
*預かり保育の部屋の整備
・2歳児保育、預かり保育の部屋を整備し、子育ての様々な方面からのサポートを行う。


3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*研修報告の提出、分かち合いの時間を取り、学びの共通理解と課題の確認を行った。

施設関係整備に関して
*工事が完了し、教材・物品の在庫整理を行った。

4.綜合的な評価結果
2017年5月26日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*保育の充実(3つの教育方針:1.カトリック教育、2.モンテッソーリ教育、3.縦割り保育)
 ・園内研修の実施、園外研修(モンテッソーリ教師養成コース・体育コース・その他)の参加。
 ・モンテッソーリ教具の買い替え。
*特別支援のケース会議立ち上げ
 ・特別支援コーディネーターを中心に、担任・加配担当とチームで支援計画を立て、支援方法を確認し実施する。


*環境整備に関して
 ・ホールステージ扉の修繕、音響設備の買い替え
 ・職員室、園長室の備品の整備
 ・玄関階段下倉庫棚設置、職員シューズボックスの設置