自己評価

2017年度草津カトリック幼稚園自己評価

2018 年 5 月 31 日 木曜日

2017年度草津カトリック幼稚園自己評価

1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育の3つの教育方針を土台に園生活の中で生きる喜び、感謝する心を育てる。
*モンテッソーリ教具に触れていない時間、例えば行事や音楽、絵画、体操などの様々な活動にも精神活動が伴うような計画や言葉がけ、関わりを行い園生活のどの部分においても子どもが主体的に活動できるような環境を準備する。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*保育の充実
 ・園内・園外研修への参加。
 ・モンテッソーリ教具の買い替え。
*特別支援のケース会議立ち上げ
 ・担任、加配担当とのチームで支援計画を立て支援方法を確認し実施する。

施設関係整備に関して
*ホールの扉の修繕、職員室の備品の整備。
*玄関階段下倉庫の棚、職員シューズボックスの設置。

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*園内又は園外研修への参加により現場の子どもの様子やクラスの状況と向き合う機会を得る。
 職員の共通理解、共通意識を持てる状況となる。
*特別支援のケース会議については、現状報告や配慮天に留まることが多く組織作りにまでは至っていない。

施設関係整備に関して
*園内整備に関する予定していた事業は、完了。

4.綜合的な評価結果
2018年5月29日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*自園給食の設備を整え食育の充実をめざす。
*クラスの編成を変更し、それに伴う環境を整備する。

環境整備に関して
*保育室を給食室に改築。
*ホール床、廊下の床と壁の修繕。
*園児靴箱、園児用ハンガー式ロッカー、クラスの名前看板。