自己評価

2018年度草津カトリック幼稚園自己評価

2019 年 5 月 30 日 木曜日

2018年度草津カトリック幼稚園自己評価

1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育の3つの教育方針を土台に園生活の中で生きる喜び、感謝する心を育てる。
*モンテッソーリ教具に触れていない時間、例えば行事や音楽、絵画、体操などの様々な活動にも精神活動が伴うような計画や言葉がけ、関わりを行い園生活のどの部分においても子どもが主体的に活動できるような環境を準備する。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*自園給食の設備を整え食育の充実をめざす。
*クラスの編成を変更し、それに伴う環境を整備する。

環境整備に関して
*保育室を給食室に改築。
*ホール床、廊下の床と壁の修繕。
*園児靴箱、園児用ハンガー式ロッカー、クラスの名前看板。

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*自園給食の設備を整え食育の充実をめざす。
・偏食の子どもも多く家庭と連携しながら子どものしょくいくの充実を図った。
・こども園への移行を視野に入れ、園児や保護者の方に安心して食事を提供できるよう配膳し、アレルギー対策など職員の共通理解を深めた。
・9月より週2回の給食提供、3学期には、週4回の給食提供に至った。

施設関係整備に関して
*給食設備工事
・認定こども園移行を見据え、教職室の工事を行った。
*廊下の床、壁、天井の修繕をした。

4.綜合的な評価結果
2019年5月28日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*4月より幼稚園型認定こども園として開始
・新体制(シフト勤務、長時部の保育内容)の定着

環境整備に関して
*てんし組(2歳児)クラスの環境整備
・トイレの設置(壁の改修を含む)
・部屋の扉の交換
*屋上スペースの有効活用
・防水、人工芝の設置およびフェンス交換
*園名板交換および外灯3箇所設置
*園バス老朽化のための買い替え