自己評価

2020年度聖ヨゼフこども園自己評価

2021 年 6 月 24 日 木曜日

2020年度聖ヨゼフこども園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*モンテッソーリ教育に基いた環境作りの充実を図る。
*幼保連携こども園として、職員がチームとしてそれぞれの役割を担う。
*役割ごとのミーティングを充実させ、よりよい園の体制作りを行う。

2.具体的な計画

教育内容に関して
*モンテッソーリ教育に基づいた環境作りの充実を図る(園内研修)。
*幼保連携型認定こども園への移行に向けて職員がチームとしてそれぞれの役割を担い保育していくための基盤作りを行う。
*役割ごとのミーティングを充実させ、より良い園の体制作りを行う。

施設整備に関して
*2021年度より、幼保連携型こども園として運営することに向けて、
カトリック彦根教会司祭館を譲り受け、乳幼児用保育室確保のため増築する。
*2階階段手摺り取付工事。
*2階ホール天井改修工事。
*3~6歳保育室手洗い前床改修工事。

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*人的環境・物的環境を整えるため、毎週火曜日をクラス終礼とし、
 主にモンテッソーリ教具提供を学ぶ機会としてた。
*カリキュラムの担当を設け、役割を担うことが定着してきた。
*乳児・幼児クラスでは働き方が違うので、会議の在り方等課題も見えてきた。

施設整備に関して
*幼保連携型認定こども園として運営することに向けて、カトリック彦根教会司祭館を譲り受け、
 乳児用保育室、預かり保育用保育室確保のため増築工事を行う。
*3月20日(土)増築工事完了。その他の工事も終了。
*県から3月31日付で幼保連携型認定こども園として認可が下りた。
 4月1日から幼保連携型認定こども園として開園し、新たに0歳児、1歳児の受け入れを行っている。
*2階階段手摺り取付工事。
*2階ホール天井改修工事。
*縦割りクラス手洗い前床改修工事。

4.綜合的な評価結果
2021年6月24日開催された評議員会で、おおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*朝礼、終礼での伝達事項確認の徹底。
*遅出の職員との連携の徹底。
*乳児担当職員 ミーティングの充実。
*縦割りクラス職員モンテッソーリ提供法園内研修の充実。
*研修会(リモート)への積極的な参加。
*コロナ対策を講じた保育や行事の在り方。

施設整備に関して
*旧園舎屋根・西側塗装工事