自己評価

2021年度聖母幼稚園自己評価

2022 年 5 月 27 日 金曜日

2021年度聖母幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*幼稚園型認定こども園への移行に伴い、短時部、長時部の子どもたちに対して、同じように園の3つの教育方針(カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育)を充実させる。

2.具体的計画
教育内容に関して
*長時部の保育環境整備。
*働き方改革の模索と推進。
*教育、保育内容の充実(職員のサポート)。
*職員の園内研修実施(クラス毎の教具練習、月1回)

施設関係整備に関して
*2階保育室のブラインド設置
*絵本の棚の購入、絵本の整理

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*合同保育の人数も増え、拡張した部屋でも狭さを感じる。
 コロナ禍でもあり、2つの保育室で分散して保育をしたり、おやつを食べたりして工夫している。
*合同保育の内容については充実してきたように思う。
 (長時部の懇談会もあり、保護者の理解を得ていると感じる。)
*園内での教具の練習、体操、音楽、絵画等の研究をし職員同士で学び合った。
 

施設関係整備に関して
*2階保育室のブラインド設置
*絵本の棚の購入、絵本の整理

4.綜合的な評価結果
2022年6月26日開催された評議員会でおおむね達成と評価された。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*Webの研修会参加、学園内の保育見学や研修会の実施。
*長時部の増加により、保育の流れや内容、職員の配置などを模索する。

施設関係整備に関して
*園庭整備
*つぼみ組ロッカー(2名分)
*構築物の検査への対処法について吟味する。