自己評価

2021年度聖ヨゼフこども園自己評価

2022 年 5 月 27 日 金曜日

2021年度聖ヨゼフこども園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*モンテッソーリ教育に基いた環境作りの充実を図る。
*幼保連携型こども園として、職員がチームとしてそれぞれの役割を担う。
*役割ごとのミーティングを充実させ、よりよい園の体制作りを行う。

2.具体的な計画

教育内容に関して
*モンテッソーリ教育提供法園内研修の充実。
*乳児担当職員ミーティングの充実。
*研修会(リモート)の参加。
*感染対策を講じた保育や行事の在り方。

施設整備に関して
*旧園舎屋根・壁塗装工事
*教会・園庭内の池底 コンクリート工事

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*0歳児から預かることになったが、大きな混乱もなく1年間過ごすことができた。
*1号認定から2号認定・新2号認定への異動希望が増え続けている。
*毎週火曜日の園内研修が定着してきた。
*乳児のミーティングは、午睡の時間を利用している。

施設整備に関して
*旧園舎屋根・壁塗装工事
*教会・園庭内の池底 コンクリート工事

4.綜合的な評価結果
2022年6月26日開催された評議員会で、おおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*乳児担当職員 ミーティングの充実。
*縦割りクラス職員モンテッソーリ提供法園内研修の充実。
*午後出勤、預かり保育パート職員の保育の在り方
*園児記録の見直し
*会議の在り方について

施設整備に関して
*乳児保育環境の充実
*園庭樹木剪定
*縦割りクラスエアコン入れ替え
*モンテッソーリ教具入れ替え