自己評価

2019 年 5 月 30 日 木曜日

2018年度聖ヨゼフ幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育を主軸とする中で
 ・自己活動の充実。
 ・保育資質向上。
 ・体育指導の充実。
 ・園内研修の充実。
 ・平成28年度に引き続き教育内容を変えずに保育をする。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*認定こども園として3年目の運営に入る。主任保育士、専門リーダーなど形式上でなく、職員がチームとしてそれぞれの役割を担い保育していけるための基礎作りを行う。
*モンテッソーリ教育を重点においた園内研修の充実を図る。
*長時部保育の充実を図る。

施設整備に関して
*園庭整備(遊具移設、既存遊具撤去)。
*園舎南側塗装工事。
*既存木伐採、伐根。
*通園バス買い替え。

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*こども園として3年目。こども園として運営していることが保護者に浸透してきた。
*職員が専門リーダーなど職務に合わせて研修会に参加したり学んだことを活かす機会が増えてきた。
*モンテッソーリ教育に重点を置いた園内研修の充実を図ることが出来なかった。
*長時部に主任が一人付くことで保育内容の見直しや改善に繋げることが出来ている。
*保護者の会役員の負担を減らすため、保護者の会主催の行事の見直しをおこなった。
*保護者支援(子どもと共に、かがやき、教育講演会)。
*未就児の為の子育て支援(園庭開放、園内開放)の充実。
*体育教室、英語教室。

施設整備に関して
*園庭遊具撤去・移設。
*ブロック塀倒壊回避のための緊急工事(補助金対象事業)。

4.綜合的な評価結果
2019年5月28日開催された評議員会で、おおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*モンテッソーリ教育に基づいた環境作りの充実を図る(園内研修)。
*環境作りのためのミーティング、実施した後の振り返りの時間を確保する。
*幼保連携型認定こども園への移行に向けて職員がチームとしてそれぞれの役割を担い保育していくための基盤作りを行う。

施設整備に関して
*職員の負担を減らすため、園児管理システムを導入していく。
*砂場抗菌工事と砂の補充。。
*ロールスクリーン(2階ホール)取付。

2019 年 5 月 30 日 木曜日

2018年度聖母幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*幼稚園型認定こども園への移行に伴い、短時部、長時部の子どもたちに対して、同じように園の3つの教育方針(カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育)を充実させる。

2.具体的計画
教育内容に関して
*預かり保育改め『合同保育』の保育内容の充実。
*2歳児クラスの保育の充実。
*特別支援児に対する支援方法の充実。

施設関係整備に関して
*2階屋根塗装(2階保育室の暑さ防止のため、遮熱塗装を行う)。
*照明器具交換(器具の故障が相次ぐため、LEDに交換)。
*外回り外灯設置(冬場に足元が暗く危ないため)。

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*合同保育内容充実のため、常勤職員を配置した。
*主担任、副担任、フリは月1回、合同保育担当は週1回のミーティングを行い、
 主任と問題点や共通理解を深めた。
*2歳児のカリキュラムの充実を図った(年間計画、生活、音楽、絵画、体操、外遊び)。*支援計画の充実(巡回相談対象者以外の気になる子どもの支援計画も立てた)。
*保育の充実を図った(各コースでの学び、学園内での研修、他園の見学など)。
*長時部保護者ともコミュニケーションを深めた(懇談会を各学期1回実施)

施設関係整備に関して
*2階屋根の塗装。
*照明器具をLEDへ。

4.綜合的な評価結果
2019年5月28日開催された評議員会でおおむね達成と評価された。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*働き方改革の模索と推進。
*教育、保育内容の充実(職員の教育)。

施設関係整備に関して
*園庭の整備
・雨が降ると上部の園庭から土が流れ、がれきが出たので、安全対策のため、ゴムチップや人工芝で、土の流れをおさえる。
・園庭2箇所に側溝を作る。
*ホールの暗幕新調。
*ホールのスポットをLEDにする。
*エアコン2台入れ替え。

2019 年 5 月 30 日 木曜日

2018年度聖パウロこども園自己評価

1.幼稚園の教育目標
キリスト教・カトリック精神にもとづき、豊かな心をもち、心身共に健康で愛に満ちたたくましい子どもの育成をめざします。モンテッソーリ教育の原理と方法を取り入れて、縦割り保育の中で一人ひとりの子どもの自立と豊かな社会性が育まれますように援助します。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*認定こども園としての教育・保育の充実をはかる。
*乳児・幼児のモンテッソーリ教育を深めるための研修への参加。
*絵画・リトミックなどの専門領域の充実をはかる。
*自然に親しみ触れ合うための環境整備を行う。

施設関係整備について
*乳児用園庭の環境整備。
*自然に親しみ触れ合うための環境整備を行う。
*園児用机・椅子の不足分補充。
*図書貸し出しのための図書の追加。

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*園庭環境を整え、身近な自然と触れ合った。
*行事と長児部保育の見直しをおこなった。
*職員共通理解にむけての園外研修の紹介、学園内研修の企画、園内研修のセッティングをした。
*保護者の協力を得て、全職員参加の園内研修を2回行うことができた。
・職員の共通理解を持つ良い機会となった。
*未就園児のための子育て支援事業(園庭開放) 8回実施した。

施設関係整備
*園児向け図書貸出しのための環境整備を行った。

4.綜合的な評価結果
2019年5月28日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*モンテッソーリ教育を深めるための乳児・幼児担当共通理解のための研修の確保。
*1・2歳児の縦割り保育の実施による乳児保育の充実。

施設関係整備について
*1・2歳児の縦割りクラス編成のための施設整備。
・室内手洗い場設置、教具購入
*外回り南側の天井補修工事。
*2階デッキ有効活用の為、プランター設置と整備(自然との触れ合い)。
*机・椅子の購入(幼児クラスの子どもの増加のため)。

2019 年 5 月 30 日 木曜日

2018年度草津カトリック幼稚園自己評価

1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育の3つの教育方針を土台に園生活の中で生きる喜び、感謝する心を育てる。
*モンテッソーリ教具に触れていない時間、例えば行事や音楽、絵画、体操などの様々な活動にも精神活動が伴うような計画や言葉がけ、関わりを行い園生活のどの部分においても子どもが主体的に活動できるような環境を準備する。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*自園給食の設備を整え食育の充実をめざす。
*クラスの編成を変更し、それに伴う環境を整備する。

環境整備に関して
*保育室を給食室に改築。
*ホール床、廊下の床と壁の修繕。
*園児靴箱、園児用ハンガー式ロッカー、クラスの名前看板。

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*自園給食の設備を整え食育の充実をめざす。
・偏食の子どもも多く家庭と連携しながら子どものしょくいくの充実を図った。
・こども園への移行を視野に入れ、園児や保護者の方に安心して食事を提供できるよう配膳し、アレルギー対策など職員の共通理解を深めた。
・9月より週2回の給食提供、3学期には、週4回の給食提供に至った。

施設関係整備に関して
*給食設備工事
・認定こども園移行を見据え、教職室の工事を行った。
*廊下の床、壁、天井の修繕をした。

4.綜合的な評価結果
2019年5月28日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*4月より幼稚園型認定こども園として開始
・新体制(シフト勤務、長時部の保育内容)の定着

環境整備に関して
*てんし組(2歳児)クラスの環境整備
・トイレの設置(壁の改修を含む)
・部屋の扉の交換
*屋上スペースの有効活用
・防水、人工芝の設置およびフェンス交換
*園名板交換および外灯3箇所設置
*園バス老朽化のための買い替え

2018 年 5 月 31 日 木曜日

2017年度聖ヨゼフ幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育を主軸とする中で
 ・自己活動の充実。
 ・保育資質向上。
 ・体育指導の充実。
 ・園内研修の充実。
 ・平成28年度に引き続き教育内容を変えずに保育をする。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*長時部35名受け入れ実施。
*園内研修の実施
*保護者支援(教育講演会、子どもと共に、かがやき)。
*未就園児の為の子育て支援(園庭解放、園内開放)の充実。
*体育教室、英語教室、課外教室(サッカー、バレエ)。

施設整備に関して
*園庭池の埋め立て工事、
*2階ベランダ塗装工事
*避難器具垂直型シューター設置

3.評価目標の達成および取り組み状況

教育内容に関して
*こども園として2年目。教育内容を変えずに運営していることが保護者に浸透してきた。
*主任保育士の配置により、保育内容の振り返りができるようになってきている。
*園内研修が少しずつ出来るようになってきている。
*体育コースに勉強にいく職員が園から初めて出て体育に対する意識が変わった。
*長時部の保護者から保護者会に在り方についての意識が変わってきた。
*職員のシフト制が定着してきた。

施設整備に関して
*予定の工事は完了した。

4.綜合的な評価結果
2018年5月29日開催された評議員会で、おおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*認定こども園として3年目の運営に入る。主任保育士、専門リーダーなど形式上でなく、職員がチームとしてそれぞれの役割を担い保育していけるための基礎作りを行う。
*モンテッソーリ教育を重点においた園内研修の充実を図る。
*長時部保育の充実を図る。

施設整備に関して
*園庭整備(遊具移設、既存遊具撤去)。
*園舎南側塗装工事。
*既存木伐採、伐根。
*通園バス買い替え。

2018 年 5 月 31 日 木曜日

2017年度聖母幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*幼稚園型認定こども園への移行に伴い、短時部、長時部の子どもたちに対して、同じように園の3つの教育方針(カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育)を充実させる。

2.具体的計画
教育内容に関して
*幼稚園型認定こども園への移行
 ・長時部の保育内容の検討(早朝保育・午後からの合同保育)
 ・長時部の保護者に向けての子育て講座、個人面談などの在り方の検討。
 ・行事の在り方の確認(クリスマス会・卒園式など)。
 ・職員のシフト制の勤務体系への移行。

施設関係整備計画
*2階ベランダの補修。
*園児、職員増加のためのロッカー等の補充。

3.評価目標の達成および取り組み状況
*大きな混乱なく移行できた。

4.綜合的な評価結果
2018年5月29日開催された評議員会でおおむね達成と評価された。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*預かり保育改め『合同保育』の保育内容の充実。
*2歳児クラスの保育の充実。
*特別支援児に対する支援方法の充実。

施設関係整備に関して
*2階屋根塗装(2階保育室の暑さ防止のため、遮熱塗装を行う)。
*照明器具交換(器具の故障が相次ぐため、LEDに交換)。
*外回り外灯設置(冬場に足元が暗く危ないため)。

2018 年 5 月 31 日 木曜日

2017年度聖パウロこども園自己評価

1.幼稚園の教育目標
キリスト教・カトリック精神にもとづき、豊かな心をもち、心身共に健康で愛に満ちたたくましい子どもの育成をめざします。モンテッソーリ教育の原理と方法を取り入れて、縦割り保育の中で一人ひとりの子どもの自立と豊かな社会性が育まれますように援助します。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*教育、保育の充実。特に長時部の子どもについて、短時部降園後の保育への配慮。
*モンテッソーリ教育の充実。
*職員共通理解の為の職員研修への参加。

施設関係整備計画
*長時部保育充実の為、保育スペースの拡充を目的にデッドスペースとなっていたホールステージ部分に可動式パーテーションを設置し、保育室として活用。
*乳児用通用門にセキュリティー設備を設置。

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*可動式パーテーション設置により、長時部保育の環境を整備、見直すことができ、子ども達も落ち着いて活動できるようになった。

施設関係整備
*計画していた整備を完了した。

4.綜合的な評価結果
2018年5月29日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*認定こども園としての教育・保育の充実をはかる。
*乳児・幼児のモンテッソーリ教育を深めるための研修への参加。
*絵画・リトミックなどの専門領域の充実をはかる。

施設関係整備について
*乳児用園庭の環境整備。
*自然に親しみ触れ合うための環境整備を行う。
*園児用机・椅子の不足分補充。
*図書貸し出しのための図書の追加。

2018 年 5 月 31 日 木曜日

2017年度草津カトリック幼稚園自己評価

1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育の3つの教育方針を土台に園生活の中で生きる喜び、感謝する心を育てる。
*モンテッソーリ教具に触れていない時間、例えば行事や音楽、絵画、体操などの様々な活動にも精神活動が伴うような計画や言葉がけ、関わりを行い園生活のどの部分においても子どもが主体的に活動できるような環境を準備する。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*保育の充実
 ・園内・園外研修への参加。
 ・モンテッソーリ教具の買い替え。
*特別支援のケース会議立ち上げ
 ・担任、加配担当とのチームで支援計画を立て支援方法を確認し実施する。

施設関係整備に関して
*ホールの扉の修繕、職員室の備品の整備。
*玄関階段下倉庫の棚、職員シューズボックスの設置。

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*園内又は園外研修への参加により現場の子どもの様子やクラスの状況と向き合う機会を得る。
 職員の共通理解、共通意識を持てる状況となる。
*特別支援のケース会議については、現状報告や配慮天に留まることが多く組織作りにまでは至っていない。

施設関係整備に関して
*園内整備に関する予定していた事業は、完了。

4.綜合的な評価結果
2018年5月29日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*自園給食の設備を整え食育の充実をめざす。
*クラスの編成を変更し、それに伴う環境を整備する。

環境整備に関して
*保育室を給食室に改築。
*ホール床、廊下の床と壁の修繕。
*園児靴箱、園児用ハンガー式ロッカー、クラスの名前看板。

2017 年 5 月 30 日 火曜日

2016年度聖ヨゼフ幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育・縦割り保育を主軸とする中で
 ・自己活動の充実。
 ・子どもの「選び」を大事にする。
 ・前年度(平成27年度)と変わらない保育や行事のあり方。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*幼稚園型認定こども園として認可を受ける。
*教育方針、教育内容は今までと変わりなく運営する。

3.評価目標の達成および取り組み状況

教育内容に関して
*平成28年3月28日に認可を受け、4月1日からスタートできた。
*教育方針、教育内容に大きな変化はなかった。
*2号・3号認定児が増加した。

4.綜合的な評価結果
2017年5月26日開催された評議員会で、おおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*認定こども園として定員35名の受け入れ実施。
*新入児確保のため未就園児の為の子育て支援を充実させていく。
*「主任教諭」の配置により、保育資質の向上に努める。
*支援児のためのケース会議、モンテッソーリ教具提供についての園内研修の充実。
施設整備に関して
*園庭池の埋め立て工事、
*2階ベランダ塗装工事
*避難器具垂直型シューター設置

2017 年 5 月 30 日 火曜日

2016年度聖母幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育・モンテッソーリ教育・縦割り保育に基づいた子どもの生活、自己活動の充実
*支援を必要としている子どもへの教育の充実

2.具体的計画
教育内容に関して
*特別支援コーディネーターの配置、研修会への派遣
*園内で支援計画の作成とチェック、ケース会議の開催
施設関係整備計画
*平成29年度より、幼稚園型認定こども園へ移行のための改修工事

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*平成29年度より、幼稚園型認定こども園としてスタートできた。

4.綜合的な評価結果
2017年5月26日開催された評議員会でおおむね達成と評価された。

5.今後取り組むべき課題
施設関係整備に関して
*2階ベランダ防水塗装、フェンス交換、非常階段撤去、外壁塗装
*パッケージ型消化設備の設置
*園児・職員増加のための不足分の補充

  • « 前ページへ