自己評価

2022 年 5 月 27 日 金曜日

2021年度聖ヨゼフこども園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*モンテッソーリ教育に基いた環境作りの充実を図る。
*幼保連携型こども園として、職員がチームとしてそれぞれの役割を担う。
*役割ごとのミーティングを充実させ、よりよい園の体制作りを行う。

2.具体的な計画

教育内容に関して
*モンテッソーリ教育提供法園内研修の充実。
*乳児担当職員ミーティングの充実。
*研修会(リモート)の参加。
*感染対策を講じた保育や行事の在り方。

施設整備に関して
*旧園舎屋根・壁塗装工事
*教会・園庭内の池底 コンクリート工事

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*0歳児から預かることになったが、大きな混乱もなく1年間過ごすことができた。
*1号認定から2号認定・新2号認定への異動希望が増え続けている。
*毎週火曜日の園内研修が定着してきた。
*乳児のミーティングは、午睡の時間を利用している。

施設整備に関して
*旧園舎屋根・壁塗装工事
*教会・園庭内の池底 コンクリート工事

4.綜合的な評価結果
2022年6月26日開催された評議員会で、おおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*乳児担当職員 ミーティングの充実。
*縦割りクラス職員モンテッソーリ提供法園内研修の充実。
*午後出勤、預かり保育パート職員の保育の在り方
*園児記録の見直し
*会議の在り方について

施設整備に関して
*乳児保育環境の充実
*園庭樹木剪定
*縦割りクラスエアコン入れ替え
*モンテッソーリ教具入れ替え

2022 年 5 月 27 日 金曜日

2021年度聖母幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*幼稚園型認定こども園への移行に伴い、短時部、長時部の子どもたちに対して、同じように園の3つの教育方針(カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育)を充実させる。

2.具体的計画
教育内容に関して
*長時部の保育環境整備。
*働き方改革の模索と推進。
*教育、保育内容の充実(職員のサポート)。
*職員の園内研修実施(クラス毎の教具練習、月1回)

施設関係整備に関して
*2階保育室のブラインド設置
*絵本の棚の購入、絵本の整理

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*合同保育の人数も増え、拡張した部屋でも狭さを感じる。
 コロナ禍でもあり、2つの保育室で分散して保育をしたり、おやつを食べたりして工夫している。
*合同保育の内容については充実してきたように思う。
 (長時部の懇談会もあり、保護者の理解を得ていると感じる。)
*園内での教具の練習、体操、音楽、絵画等の研究をし職員同士で学び合った。
 

施設関係整備に関して
*2階保育室のブラインド設置
*絵本の棚の購入、絵本の整理

4.綜合的な評価結果
2022年6月26日開催された評議員会でおおむね達成と評価された。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*Webの研修会参加、学園内の保育見学や研修会の実施。
*長時部の増加により、保育の流れや内容、職員の配置などを模索する。

施設関係整備に関して
*園庭整備
*つぼみ組ロッカー(2名分)
*構築物の検査への対処法について吟味する。

2022 年 5 月 27 日 金曜日

2021年度聖パウロこども園自己評価

1.幼稚園の教育目標
キリスト教・カトリック精神にもとづき、豊かな心をもち、心身共に健康で愛に満ちたたくましい子どもの育成をめざします。モンテッソーリ教育の原理と方法を取り入れて、縦割り保育の中で一人ひとりの子どもの自立と豊かな社会性が育まれますように援助します。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*教育・保育容の充実。
*職員増加に伴う環境整備、園内研修
*乳児保育、幼児保育の連続性の共有

施設関係整備について
*個票、お仕事カルテの導入
*職員用靴箱、ロッカーなどの購入
*業務用空間除菌脱臭装置の設置
*感染対策にも対応可能な環境整備

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*大津市からの指導がきっかけとなり、個人記録の付け方の見直し検討を続けている。
*勤務体制が様々なので、日々の朝礼終礼以外に、月一の職員会議を実施。
*新規、中途採用の職員が多かったため、研修の見直しを行うも、コロナ禍により難しさがあった。
*新しく2クラスが担任交代となり、再度クラス運営を見直すためリーダー会議を頻繁に行った。
*産休育休に入る職員が2名いたため、保育の連続性や引継ぎなどキャリアの違いもあり、
 なかなかスムーズにいかず、難しさを感じた。

4.綜合的な評価結果
2022年6月26日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*園外への研修参加再開
*職員養成
*園内研修の充実、定着
*モンテッソーリ教師養成コース受講者へのサポート

施設関係整備について
*ホール、天井スポット設置
*保健スペース用仕切りカーテンの設置
*モンテッソーリ教具購入

2022 年 5 月 27 日 金曜日

2021年度草津カトリック幼稚園自己評価

1.幼稚園の教育目標
*モンテッソーリ教育の充実(職員養成)
 新任やモンテッソーリ教師ディプロマを取得してない常勤、非常勤職員への園内研修の
 実施により、子どもの要求に応えることができるよう、教師の資質の向上と共通理解を深める。
*職員の職場環境の整備(職員の働き方の見直し)
 残業や仕事量の軽減のための工夫をし、教材や保育準備に時間を使えるようにすること。
 また有給等職位ssンの休暇も取得しやすくすることで勤務の継続(職員の確保)や保育の充実に
 繋がる職場環境整備を目指す。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*職員養成
 新任(3名)やモンテッソーリ教師養成コースのディプロマを取得していない職員への園内研修の実施
*職員の働き方見直し
 働き方(残業や仕事量の軽減)を検討
 トイレ清掃・消毒を外務に業者に毎日委託。

環境整備に関して
*2階保育室、ステージ、ホール、天井、床、壁改修
*2階保育室の教具棚(6台)
*1階テラス安全対策 セーフティースペース工事

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*職員養成
 新任(3名)やモンテッソーリ教師養成コースのディプロマを取得していない職員への園内研修の実施
*職員の働き方見直し
 働き方(残業や仕事量の軽減)を検討
 トイレ清掃・消毒を外務に業者に毎日委託。

施設関係整備に関して
2階保育室、ステージ、ホールの改修工事
教具棚購入
トイレ清掃・消毒(業者委託)
1階テラスセーフティスペース工事

4.綜合的な評価結果
2022年6月26日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*職員養成
 モンテッソーリ教師養成コースへのディプロマを取得の補助
 園内研修の充実
 ・担任、フリー、3年未満、中堅、中堅以降などグループに分けての研修
  年間計画を立て実施(第1、第3土曜日の利用を検討)

*職員の働き方見直し
 働き方(残業や仕事量の軽減)を検討
 トイレ清掃・消毒を外務に業者に毎日委託。

環境整備に関して
*1階クラス(4クラス)改修工事
*床フローリングの張替え、天井・壁の塗装、廊下窓枠の改修
*網戸張り替え、ブラインド教具棚15台
*教具・教材整備
*業務の軽減(トイレ清掃業務委託)

2021 年 6 月 24 日 木曜日

2020年度聖ヨゼフこども園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*モンテッソーリ教育に基いた環境作りの充実を図る。
*幼保連携こども園として、職員がチームとしてそれぞれの役割を担う。
*役割ごとのミーティングを充実させ、よりよい園の体制作りを行う。

2.具体的な計画

教育内容に関して
*モンテッソーリ教育に基づいた環境作りの充実を図る(園内研修)。
*幼保連携型認定こども園への移行に向けて職員がチームとしてそれぞれの役割を担い保育していくための基盤作りを行う。
*役割ごとのミーティングを充実させ、より良い園の体制作りを行う。

施設整備に関して
*2021年度より、幼保連携型こども園として運営することに向けて、
カトリック彦根教会司祭館を譲り受け、乳幼児用保育室確保のため増築する。
*2階階段手摺り取付工事。
*2階ホール天井改修工事。
*3~6歳保育室手洗い前床改修工事。

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*人的環境・物的環境を整えるため、毎週火曜日をクラス終礼とし、
 主にモンテッソーリ教具提供を学ぶ機会としてた。
*カリキュラムの担当を設け、役割を担うことが定着してきた。
*乳児・幼児クラスでは働き方が違うので、会議の在り方等課題も見えてきた。

施設整備に関して
*幼保連携型認定こども園として運営することに向けて、カトリック彦根教会司祭館を譲り受け、
 乳児用保育室、預かり保育用保育室確保のため増築工事を行う。
*3月20日(土)増築工事完了。その他の工事も終了。
*県から3月31日付で幼保連携型認定こども園として認可が下りた。
 4月1日から幼保連携型認定こども園として開園し、新たに0歳児、1歳児の受け入れを行っている。
*2階階段手摺り取付工事。
*2階ホール天井改修工事。
*縦割りクラス手洗い前床改修工事。

4.綜合的な評価結果
2021年6月24日開催された評議員会で、おおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*朝礼、終礼での伝達事項確認の徹底。
*遅出の職員との連携の徹底。
*乳児担当職員 ミーティングの充実。
*縦割りクラス職員モンテッソーリ提供法園内研修の充実。
*研修会(リモート)への積極的な参加。
*コロナ対策を講じた保育や行事の在り方。

施設整備に関して
*旧園舎屋根・西側塗装工事

2021 年 6 月 24 日 木曜日

2020年度聖母幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*幼稚園型認定こども園への移行に伴い、短時部、長時部の子どもたちに対して、同じように園の3つの教育方針(カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育)を充実させる。

2.具体的計画

教育内容に関して
*長時部の保育環境整備。
*働き方改革の模索と推進。
*教育、保育内容の充実(職員のサポート)。

施設関係整備に関して
*床張り替え工事(そら組)。
*床コーティング(はな・つき・にじ組)。
*2F保育室(合同保育)の拡張工事。
*子どもの椅子買い替え。
*引く室吊戸棚。
*外倉庫(2台)。
*給食の配膳盆(160枚)。
*給食の配膳台車(2台)。

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*合同保育の人数も増え、拡張した部屋でも狭さを感じる。
 コロナ禍でもあり、隣の保育室で分散して保育をしたり、おやつを食べたりして工夫している。
*合同保育の内容については充実してきたように思う。
 (長時部の懇談会もあり、保護者の理解を得ていると感じる。)
*職員の学びの場が少ない一年であった。
 園内での教具の練習、体操、音楽、絵画等の研究を職員同士で学び合い、助け合う姿があった。
*コロナ禍にあっての対応、園の体制、行事の見直しの一年であった。
 その中で、工夫し行えること、無理せず見送る事を職員で模索し選ぶ体験をした。
 行事の動画配信など、新しい試みも行ってみた。次年度にも生かせるように思う。
*長い自粛期間、園が子どもたち、保護者と繋がるため、ホームページ等を利用し、
 祈ることを通して繋がる事が出来たのは、大きな経験となった。

施設関係整備に関して
*床張り替え(1クラス)とコーティング(3クラス)。
*2階預かり保育の部屋の拡張工事(倉庫部分を保育室へ)。
*給食配膳盆を園児1人1枚使用にする(配線方法の見直し)。

4.綜合的な評価結果
2021年6月24日開催された評議員会でおおむね達成と評価された。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*職員の園内研修の充実。
*保育内容、記録の方法についての見直し。

施設関係整備に関して
*2階保育室のブラインド
*絵本の棚

2021 年 6 月 24 日 木曜日

2020年度聖パウロこども園自己評価

1.幼稚園の教育目標
キリスト教・カトリック精神にもとづき、豊かな心をもち、心身共に健康で愛に満ちたたくましい子どもの育成をめざします。モンテッソーリ教育の原理と方法を取り入れて、縦割り保育の中で一人ひとりの子どもの自立と豊かな社会性が育まれますように援助します。

2.具体的な計画

教育内容に関して
*教育・保育内容のさらなる充実。
*地域に開くこども園に。
*1・2歳児の縦割り保育の定着と乳児保育の充実。

施設関係整備について
*外回り、各所補修改修工事。
*子育て支援事業充実のための教具購入。
*長時部保育充実のための教具購入。
*1・2歳児縦割りクラス充実のための教具購入

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*新型コロナウイルス感染拡大のため、4月5月の保育に支障が出た。
*感染対策と、子どもたちの今を逃さない教育・保育の間で苦慮したが、大切なことを職員間で
 確認することができた。
*改めて園行事を見直す機会となり、職員間での話し合いをたくさん行った。
*感染対策を講じて保護者支援の難しさはあったが、出来ることは行えた。
 教育講演会の実施
*職員研修に出かける機会が無くなり、園内での話し合いや学び合いにより保育を行った。
*非常時対応への備えの大切さを実感した。
*給食時の配膳方法を見直し、個人トレーを導入した。

施設関係整備
*1・2歳児、縦割りクラス充実のため教具を購入した。
・感染対策のため、各クラスに空気清浄機を導入した。

4.綜合的な評価結果
2021年6月24日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*教育・保育容の充実。
*職員増加に伴う環境整備、園内研修
*乳児保育、幼児保育の連続性の共有
*園内研修・WEB研修への参加

施設関係整備について
*ウッドデッキの補修改修工事
*2歳児クラスハンガーロッカー(16人分)
*モンテッソーリ教具購入
*職員ロッカー、靴箱増設
*感染対策にも対応可能な環境整備

2021 年 6 月 24 日 木曜日

2020年度草津カトリック幼稚園自己評価

1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育の3つの教育方針を土台に園生活の中で生きる喜び、感謝する心を育てる。
*モンテッソーリ教具に触れていない時間、例えば行事や音楽、絵画、体操などの様々な活動にも精神活動が伴うような計画や言葉がけ、関わりを行い園生活のどの部分においても子どもが主体的に活動できるような環境を準備する。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*長時部の保育環境整備
*保育業務の充実(保育外業務の軽減等を視野に入れて)
*教育、保育の内容の充実

環境整備に関して
*預かり保育室床、保育室床改修・扉取り換え・天井の修繕
・床のフローリングが昨年剥がれ破損が目立つようになり修繕が必要となる。
・保育を行いながらの工事になるので2年計画で行う予定。
*てんし組にピアノがないので購入
*職員数が増えたので職員ロッカー増設
*すみれ組園児用ロッカーが古く使用しにくいので新設
*ハンガーロッカー(新入園児分)
*ホール音響設備(音が割れアンプ事態に問題あり)を新設*4月より幼稚園型認定こども園として開始
・新体制(シフト勤務・長時部の保育内容など)の定着

3.評価項目の達成および取り組み状況
教育内容に関して
・担任会議・フリー会議を月1回行い、その内容を園長主任会で共有した。
・朝礼までの時間をクラス会議や学年のカリキュラムの打ち合わせ、行事の準備などに
 有効利用できた。感染症の予防に役立ち発生を防ぐ要因の一つになった。
・クラス同志の連携を図り、担任の経験の有無や経験年数によっての違いや気づきの差を緩和し
 クラス間の連携がとれる環境となる。主任も会議に参加することにより園全体の問題として
 共通理解を深め、保育に生かすことができた。

施設関係整備に関して
預かり保育室、2階保育室改修、園長室の床・壁・天井の修繕完了
トイレ清掃・消毒を外部の業者に委託(週2回)。8月より週3回。

4.綜合的な評価結果
2021年6月24日開催された評議員会でおおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*職員養成
 新任(3名)やモンテッソーリ教師養成コースのディプロマを取得していない職員への園内研修の実施
*職員の働き方見直し
 働き方(残業や仕事量の軽減)を検討
 トイレ清掃・消毒を外務に業者に毎日委託。

環境整備に関して
*2階保育室、ステージ、ホール、天井、床、壁改修
*2階保育室の教具棚(6台)
*1階テラス安全対策 セーフティースペース工事

2020 年 6 月 30 日 火曜日

2019年度聖ヨゼフ幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育を主軸とする中で
 ・自己活動の充実。
 ・保育資質向上。
 ・体育指導の充実。
 ・園内研修の充実。
 ・平成28年度に引き続き教育内容を変えずに保育をする。

2.具体的な計画
教育内容に関して
*モンテッソーリ教育に基づいた環境作りの充実を図る(園内研修)。
*環境作りのためのミーティング、実施した後の振り返りの時間を確保する。
*幼保連携型認定こども園への移行に向けて職員がチームとしてそれぞれの役割を担い保育していくための基盤作りを行う。

施設整備に関して
*職員の負担を減らすため、園児管理システムを導入していく。
*砂場抗菌工事と砂の補充。。
*ロールスクリーン(2階ホール)取付。

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*こども園として4年目。こども園として運営していることが保護者に浸透し理解を得られている。
*10月の幼児教育無償化に伴い、1号認定から2号認定に異動を希望する保護者が増えてきている。
*昨年度よりも園内研修の充実が図れた。
*教育講演会後、深津高子先生から学ばせていただいた内容はとても為になり環境構成の見直しができた。
*昨年度に引き続き長時部の保育内容が充実できている。
*2021年度から幼保連携型こども園に移行するための保護者説明会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月17日に書面を配布した。

4.綜合的な評価結果
2020年6月30日開催された評議員会で、おおむね達成と評価した。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*モンテッソーリ教育に基づいた環境作りの充実を図る(園内研修)。
*幼保連携型認定こども園への移行に向けて職員がチームとしてそれぞれの役割を担い保育していくための基盤作りを行う。
*役割ごとのミーティングを充実させ、より良い園の体制作りを行う。

施設整備に関して
*2021年度より、幼保連携型こども園として運営することに向けて、カトリック彦根教会司祭館を譲り受け、乳幼児用保育室確保のため増築する。
*2階階段手摺り取付工事。
*2階ホール天井改修工事。
*3~6歳保育室手洗い前床改修工事。

2020 年 6 月 30 日 火曜日

2019年度聖母幼稚園自己評価
1.幼稚園の教育目標
*幼稚園型認定こども園への移行に伴い、短時部、長時部の子どもたちに対して、同じように園の3つの教育方針(カトリック教育、モンテッソーリ教育、縦割り保育)を充実させる。

2.具体的計画
教育内容に関して
*働き方改革の模索と推進。
*教育、保育内容の充実(職員の教育)。

施設関係整備に関して
*園庭の整備
・雨が降ると上部の園庭から土が流れ、がれきが出たので、安全対策のため、ゴムチップや人工芝で、土の流れをおさえる。
・園庭2箇所に側溝を作る。
*ホールの暗幕新調。
*ホールのスポットをLEDにする。
*エアコン2台入れ替え。

3.評価目標の達成および取り組み状況
教育内容に関して
*合同保育の担当を正職2名配置し、保育計画や環境を充実することができた。
*園内で互いの保育の見学、姉妹園への見学、担当者の分かち合いによる保育の見直しができた。
*ICTの導入(補助金利用)。出席状況、個人記録、要録、週案など円滑に進めることができた。
*保育の充実を図った(各コースでの学び、学園内での研修、他園の見学など)。
*長時部保護者ともコミュニケーションを深めた(懇談会を各学期1回実施)

施設関係整備に関して
*園庭の整備(人工芝・ゴムチップ)。
*ホールのスポットライト、暗幕の新調。
*エアコンの取り換え(2台)。

4.綜合的な評価結果
2020年6月8日開催された評議員会でおおむね達成と評価された。

5.今後取り組むべき課題
教育内容に関して
*長時部の保育環境整備。
*働き方改革の模索と推進。
*教育、保育内容の充実(職員のサポート)。

施設関係整備に関して
*床張り替え工事(そら組)。
*床コーティング(はな・つき・にじ組)。
*2F保育室(合同保育)の拡張工事。
*子どもの椅子買い替え。
*引く室吊戸棚。
*外倉庫(2台)。
*給食の配膳盆(160枚)。
*給食の配膳台車(2台)。

  • « 前ページへ